安全マップ(安全曼荼羅)の提案(<特集>「情報・制御と安全性」) Proposal on Safety Mapor Safety Mandala

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

これまで個別技術として発展してきた各分野の安全技術には,実はかなりの共通的な考え方がそこには横たわっている.各分野で開発された安全技術に共通する考え方を一般化,原則化することで,他の分野の安全技術にも応用可能な道が開けるはずである.これを実現するためには,あらゆる安全技術をその適用範囲の広さ,抽象度に従って階層化する必要がある.本稿では,それを三層構造で構成することを提案している.一方,安全には,個人の価値観やその時代の社会の価値観が深く関与している.従って,安全には,工学としての技術だけではなく,人文科学や社会科学が深く係りあっている.真の安全を実現するためには,広く人文・社会科学を包含した包括的な立場から安全を考察し,安全を学問として構築していく必要がある.本稿では,安全技術を基礎にした安全学の確立を提案している.以上を実現するために,本稿では安全に纏わるあらゆるキーワードを網羅してリストアップし,それらを分類し,階層化することを提案する.これを安全マップ,または安全曼荼羅と呼んでいる.

収録刊行物

  • 日本信頼性学会誌 信頼性

    日本信頼性学会誌 信頼性 24(7), 554-559, 2002

    日本信頼性学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 総論 : 安全と技術と社会

    向殿 政男

    電子情報通信学会誌 = THE JOURNAL OF THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFOMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS 88(5), 310-315, 2005-05-01

    参考文献8件 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003994337
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540883
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0919-2697
  • NDL 記事登録ID
    6344538
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-2023
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ