新しい列車制御システムの開発とアシュアランス技術 Development of New Train Control System and Assurance Technologies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

首都圏の高密度線区である山手・京浜東北線の保安装置として, 1982年に導入されたATC(自動列車制御装置)の老朽取り替えに際し, 従来のATCと抜本的に異なるデジタル信号を用いた新しい列車制御システムを開発した.本システムは, 現行のATCが持つ課題であった輸送密度の向上, 車両性能向上への追随, 運転操縦性の改善, 地上設備のコストダウンなどを実現したシステムである.さらに, システム境界箇所における切換やシステム使用開始時などにいくつかのアシュアランス技術を用いて, 施工数の軽減, システム改修の極小化、コストダウンなどを図っている.本稿では, 新しい列車制御システムにおけるアシュアランス技術を紹介する.

収録刊行物

  • 日本信頼性学会誌 信頼性

    日本信頼性学会誌 信頼性 22(8), 664-671, 2000

    日本信頼性学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004002658
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540883
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0919-2697
  • NDL 記事登録ID
    5589110
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-2023
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ