鉄道の事故実績に基づく許容リスク水準の一考察 Study on Accidents and Tolerable Risk Level of Railway Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鉄道の安全性を維持し、さらに向上するにはリスクの概念を採り入れた目標管理が必要である。本論文は、最初に過去50年間に発生した日本の鉄道の致死事故を分析し、事故の規模に応じた事故死リスクの実績を示す。次に、鉄道における事故死リスクを、自発的行為の結果を含む事故死リスクR_Aと被災による事故死リスクR_Bに分け、それぞれに対して許容リスク水準R_<A1>とR_<B1>、および広く受容されるリスク水準R_<A2>とR_<B2>の指標値を提案する。また、他の輸送機関における致死事故のリスク実績との比較等により、提案する水準の妥当性を考察する。

To preserve and improve the safety level of railway systems, it is necessary to introduce a management system aiming at the target risk level. First, we analyze the fatal accidents occurred during past fifty years in Japanese railways, and show the actual risk level caused by accidents. Next, we classify the risk into two types ; R_A being due to the voluntary acts and R_B being suffered from accidents, and propose two levels corresponding to each type of risk, that is, tolerable risk level (per year) ; R_<A1> and R_<B1>, and acceptable risk level (per year) ; R_<A2> and R_<B2>. Last, we will examine the adequacy of the proposed risk levels.

収録刊行物

  • 日本信頼性学会誌 信頼性

    日本信頼性学会誌 信頼性 27(1), 71-79, 2005

    日本信頼性学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004014570
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540883
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0919-2697
  • NDL 記事登録ID
    7226184
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-2023
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ