清涼飲料水によるエナメル質の脱灰 Enamel Decalcification by Beverages

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

市販の各種清涼飲料水の歯牙エナメル質におよぼす影響を観察した。その結果、(1)各種清涼飲料水116銘柄について,そのpHを測定した結果,コーヒー飲料,ミルク入り紅茶飲料,茶飲料を除いて 他の清涼飲料水のpHは,2.3〜4.9の強酸性であった。(2)10銘柄の清涼飲料水に歯牙(中切歯)を浸漬して,エナメル質の脱灰状態を観察した結果,果汁入り清涼飲料水,無果汁清涼飲料水共に,pH 2.3〜3.7の清涼飲料水では,浸潰後1分間でエナメル質の脱灰が観察された。(3)1mM,10mM,100mMの乳酸および塩酸溶液に歯牙を浸漬して,エナメル質の脱灰状態を観察した結果,乳酸溶液塩酸溶液共に,1mMの濃度でエナメル質は脱灰した。その脱灰の程度は,塩酸溶液の方が強かった。これらの結果から,強酸性の清涼飲料水によって,歯牙エナメル質は脱灰し,その脱灰は,低pHによって起ると考える。

We examined the effects of various beverages on dental enamel. 1) The pH of 116 brands of beverages except for coffee drinks, milk tea and tea drinks was strongly acidic ranging from 2.3-4.9. 2) Teeth (central incisors) were immersed in 10 brands of beverages and examined by scanning electron microscopy. Decalcification of dental enamel was observed after 1 minute of immersion in beverages with a pH of 2.3-3.7. 3) When teeth were immersed in 1mM, 10mM or 100mM lactic acid and hydrochloric acid and examined by scanning electron microscopy, decalcification of dental enamel was observed in both 1mM lactic acid and hydrochloric acid. The degree of decalcification of dental enamel was stronger in hydrochloric acid than in lactic acid. These findings suggest that the decalcification of dental enamel occurs in strongly acidic beverages with a low pH.

収録刊行物

  • 口腔衛生会誌

    口腔衛生会誌 45(3), 314-321, 1995

    一般社団法人 口腔衛生学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004015137
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00081407
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0023-2831
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ