糖尿病患者における口腔常在微生物叢に関する研究 A Study of Oral Microbial Flora in Diabetes Mellitus Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 武藤 隆嗣 MUTOH Takatsugu
    • 鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座 Department of Geriatric Dentistry, Tsurumi University School of Dental Medicine

抄録

糖尿病患者の口腔生態系を詳細に調査し,血糖コントロールの良否が糖尿病患者における歯列組織や齲蝕,歯列病,ならびにカンジダ症の病原微生物に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。糖尿病患者129名(平均年齢54.0歳,平均HbA<sub>1C</sub>9.3%平均血糖値187.9mg/dl)を対象として,歯と歯周組織の状態,唾液量,唾液緩衝能,唾液中の抗菌物質,日和見感染病原微生物,齲蝕原性細菌ならびに歯周病原菌について,検討を行った。その結果,歯列組織の状態と歯周病原菌,lactobacilliとmutans streotococciに相関関係が認められた。HbA<sub>1C</sub> ; 8%未満群と8%以上群の2群に分類して比較した結果では,8%以上群が8%未満群と比較して,健金歯数が少なく,平均PD,リゾチーム,Candida,歯肉溝内の総菌数が高く統計学的に有意差が認められた。一方,血糖コントロール前後で検索できた27名のコントロール前後の結果を比較したところ,コントロール前と比較してコントロール後で,唾液緩衝能が高く,唾液中のlactobacilliならびにmutans streotococciが減少し,コントロール前との間に統計学的に有意差が認められた。本結果から血糖コントロールを良好に改善・維持することにより,口腔感染症の原因菌を減少させることが示された。したがって,糖尿病合併症としての口腔感染症を歯科医ならびに内科医がより緊密に連携し,かかる合併症予防の向上を図る必要があると考える。

This study was undertaken to investigate both the oral microbial flora and salivary functions in diabetes mellitus (DM) patients for preventing the onset of the oral infections. A total 129 DM patients (the mean age ; 54.0 years old, HbA<sub>1C</sub> 9.3%, FBS ; 187.9 mg/dl) were divided into 2 groups by the level of HbA<sub>1C</sub> (HbA<sub>1C</sub> ≧8% group or HbA<sub>1C</sub> 8% group). The statistic correlations were observed between the periodontal status and the incidence of periopathic bacteria, and between the number of lactobacilli and that of mutans streptococci. HbA<sub>1C</sub> ≧8% group showed a lower number of sound teeth, while showing higher levels of PD, lysozyme in saliva, Candida on the tongue and total bacteria in the periodontal pockets than those of HbA<sub>1C</sub>8% group. These findings suggest that poor controlled DM patients may have a high risk of candidiasis. Oral microbial flora and salivary functions before and after FBS control were investigated in 27 out of 129 DM patients and these findings were compared. After FBS control, the salivary buffering capacity and the number of lactobacilli and mutans streptococci in saliva were significantly improved from the pre-FBS control. These findings indicate that FBS control may reduce the pathogens of oral infections. In conclusion, both the dentist and physician should work in closer cooperation for preventing oral infections connected to diabetes mellitus.

収録刊行物

  • 口腔衛生学会雑誌

    口腔衛生学会雑誌 51(1), 77-87, 2001

    一般社団法人 口腔衛生学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004017823
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00081407
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0023-2831
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ