成人における歯の喪失リスク要因に関する研究 : 地域住民を対象とした3年間の縦断調査 Three-Year Incidence of and Risk Predictors for Tooth Loss in Community-dwelling Adults

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安藤 雄一 ANDO Yuichi
    • 新潟大学歯学部予防歯科学講座:(現)国立感染症研究所口腔科学部 Department of Preventive Dentistry, Faculty of Dentistry, Niigata University
    • 宮﨑 秀夫 MIYAZAKI Hideo
    • 新潟大学歯学部予防歯科学講座 Department of Preventive Dentistry, Faculty of Dentistry, Niigata University

抄録

本調査は,地域に在住する成人における歯の喪失の発生率とリスク要因について評価することを目的としている。調査対象は新潟県I町における成人歯科健診受診者で,分析対象はベースライン調査(1997年)を受診した有歯顎者724名のうち,3年後に行われた追跡調査を受診した269(男性128,女性141)名である。ベースライン時の平均年齢は60.6歳(SD = 12.8)であった。歯の喪失の有無に関して,個人単位および歯単位で分析し,ベースライン時における口腔診査と質問紙調査との関連についてロジスティック回帰分析を行った。調査期間中に喪失した歯はベースライン時に口腔内に存在していた歯の4.9%で,喪失が認められた対象者は48%,一人平均年間喪失歯数は0.33本であった。歯の喪失リスクに関するロジスティック回帰分析の結果,個人単位の分析では,現在歯数が10〜27歯・未処置う蝕を保有・口腔の自覚症状がある・過去1年以内に歯科医院を受診・歯間清掃具を使用していない人たちは,歯を喪失しやすいことが示された。一方,歯単位の分析では,智歯,未処置歯,クラウン(単冠)装着歯,ブリッジ支白歯,動揺歯,鈎歯が喪失しやすいことが確認された。

The purpose of this study was to evaluate the three-year incidence of and risk predictors for tooth loss in community-dwelling adults. The subjects were 269 (128 males, 141 females) dentate adults living in a town in Niigata Prefecture who underwent oral examinations in both 1997 (baseline examination) and 2000 (follow-up examination). The follow-up rate was 37.2%. The mean age at baseline was 60.6 (SD = 12.8). A multiple-logistic regression model was used to quantify tooth-specific and person-level risk predictors for tooth loss using variables of the oral examination and questionnaire at baseline. The three-year incidence of tooth loss was 4.9% at tooth-level, 48% at person-level. The mean number of missing teeth per year was 0.33. The results of person-level multiple logistic regression analysis showed that tooth loss was more common in people with 10-27 present teeth, decayed teeth, oral symptoms, history of dental visit within a year and no habit of using an interdental brush or dental floss. Tooth-level multiple logistic regression analysis showed that the incidence of tooth loss was higher in wisdom teeth, decayed teeth, crowned teeth, abutment teeth in bridges and teeth with mobility.

収録刊行物

  • 口腔衛生学会雑誌

    口腔衛生学会雑誌 51(3), 263-274, 2001

    一般社団法人 口腔衛生学会

参考文献:  47件中 1-47件 を表示

被引用文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004017899
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00081407
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0023-2831
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ