教材中の指示対象を利用した講義コンテンツの作成 Making a lecture contents using the information about indicated objects in lecture materials

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 講義中に提示された表示教材への講師の指示に関する情報を抽出する手法を提案し, 抽出した指示情報を利用した講義コンテンツの作成について検討する.講義コンテンツとは, 一人の講師が複数の受講者に教示内容を講述する一斉講義型の対面講義の様子をアーカイブ化したものであり, 映像を取得するために講師の自動撮影や提示したスライドに応じた検索などが研究されている.これらの研究では講義状況を識別する特徴として, 講師・表示スライドに着目しているが, 講義の状況を識別する上で重要な特徴としては, これら以外に講師が教材中で指示する対象("指示対象")がある.そこで本研究では, 講師が講義の各時刻における指示対象を抽出する手法を提案する.指示対象は講師の使う指示棒の先端位置で一意に決まるものではなく, 講師の動作によって異なってくるものであるので, 指示棒の先端の集中する領域の特定だけでなく指示動作の認識についても取り組まなくてはならない.このため, 指示動作時の指示棒の軌跡・講師の身体の位置や向き・指示領域の種類の情報を時系列で評価することにより指示対象を抽出する方法を提案し、実験により提案手法の評価を行った.

In this paper, we propose a method to extract the information about indicated objects in computer presentations in a lecture room for the purpose of enrichment of lecture contents in electronic archives. Existing lecture contents display a movie of a lecturer and slides synchronically. Students cannot grasp the relationship between lecturer's talk and objects on a slide through the existing lecture contents. Therefore, it is important to extract the information about objects indicated by the lecturer's deictic gesture, because the gesture connects the lecture topic with the indicated object. Originally, indicated objects are determined by both the edge position of pointing devices and the kind of deictic gesture(Pointing, Highlighting, Outlining, Emphasizing). Therefore, for extracting indicated objects, it is necessary to classify the kind of lecturer's deictic gesture. We propose the method for classifying the deictic gestures using new feature, teacher's position, tezcher's orientation, and the kind of the lecture material's region, in addition to the orbit of indicated points. We verified the effectiveness of our method by the success rate of classification.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 105(433), 49-54, 2005-11-24

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004018617
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7747379
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ