車上設置型デバイスによる鉄道車輪/レール系騒音のアクティブ制御  [in Japanese] Active control of railway wheel/rail noises by on-vehicle-type devices  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では, 鉄道車輪/レール系騒音のうちレールから放射される転動音の低減手法として, 移動する車上に設置したデバイスによるアクティブ騒音制御法を提案し, その可能性についての検討を行った。まず, 車体の下部開放部からの放射音を下流側全域で静音化することが原理的に可能な手法として, 波動吸収原理に基づく制御コンセプトを提案し, 境界要素法による音響シミュレーションによりコンセプトの妥当性を示した。また, デバイスユニットのプロトタイプ1基を設計・作製し, 実験室レベルでの騒音制御実験を実施した。実験は, 騒音源としてスピーカからのランダムノイズとレールのランダム加振音の両方を用いて行い, 実際に騒音制御効果が得られることを確認し, 開発したデバイスの有効性を実証した。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 61(12), 698-707, 2005

    Acoustical Society of Japan

References:  7

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004019696
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    7753001
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top