「専門コア科目」における「疑問と質問」カード運用に関する報告  [in Japanese] Report on Using 'Question Cards' in Major Core Curriculum Courses  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

電気系教育プログラムでは、7期〜9期に学生が自ら選択した専門コアカリキュラムに従い、構成領域に対応して設定された専門性の高い授業科目である専門コア科目群を履修する。これらは電気系教育プログラムにおける学部学生の専門教育の中核を形成する科目群である。しかしながら、これらの専門コア科目群は学部教育プログラムの中では最も難易度が高く、学生の理解度を高めることは容易ではないのが現状である。本報告では、これらの電気系専門コア科目群の中で著者が担当している「半導体デバイス」において、学生の科目に対する理解度を高めると同時に「問題発見・解決能力」「創造的な思考能力」を養成することを支援する試みとして実施している「疑問と質問」カードの運用に関して述べる。

Core curriculum courses begin when students in the electrical engineering program choose a specialization (major) in the spring to winter terms of their junior (third) year. Since these courses in the students' chosen major are the most difficult in the education program, attaining a high level of understanding poses challenges. In order to increase comprehension in a (core curriculum) course on semiconductor devices, `question cards' were used in an attempt to improve the problem recognition and solving abilities as well as the creativity of students.

Journal

  • KIT progress

    KIT progress 11, 47-53, 2006-03-01

    Kanazawa Institute of Techinology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004020506
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11215988
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13421662
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top