『四庫全書』の続修をめぐる歴史的展開に関する一考察 A Historical Study on the Movements to Compile Related Continuation of Complete Library in the Four Branches of Literature

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は, まず, 『四庫全書』の続修をめぐる歴史的要因を明らかにし, その上で, 清朝末期から民国時代までにわたる『四庫全書』を続修しようと呼びかける運動やその編纂計画などを歴史的に検証した。ついで, この検証に基づき, 東方文化事業総委員会による『続修四庫全書総目提要』の編纂および台湾と中国大陸における『続修四庫全書総目提要』の刊行を事例として取り上げて, 『四庫全書』の続修に関する歴史的な展開を考察した。この考察によって, 『四庫全書』の続修に関する呼びかけや編纂計画は, 『四庫全書』の欠陥を補い, 中国古典を本来の姿に回復させるものであるだけではなく, 古典を保護し伝承するのにも必要不可欠なものであることを明らかにした。

Firstly, the historical factors on compiling Complete Library in the Four Branches of Literature and the problematic points of this series are discussed. Then several movements to compile a new Complete Library in the Four Branches of Literature and the related works are traced from the late 19^<th> century to the late 20^<th> century. Consequently the following are revealed. 1) The movements described above are useful to supplement the defects of Complete Library in the Four Branches of Literature and to restore classics to their original state, and are necessary to protect classics and pass them down. 2) The movements are not based on purely cultural motive but deeply related to the political circumstances in China at the time.

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌

    日本図書館情報学会誌 51(4), 153-165, 2005

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004023315
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-8668
  • NDL 記事登録ID
    7746988
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ