ドラム音のパラメトリックモデリングとそれに基づくモーフィング Parametric modeling of drum sounds and its use for sound morphing

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では,これまで定常音とみなせる音でしかなされなかった音のモーフィングを,非定常音,なかでもドラム音に対して行う.ウェーヴレット変換を用いた年行研究[4]の分析手法をモーフィング用に改良してドラム音のパラメトリックな表現を得,このパラメータの補間によりドラム音のモーフィングを実現する.バスドラム(BD)・スネアドラム(SD)・タムドラム(TD)に対してモーフィングを行い,提案手法のモーフィングの品質と,モーフィング率と原音への心理的類似性との相関を調べる聴取実験を行った結果,全般的に高い品質でモーフィングが実現できていることが示された.

Until now sound morphing was conducted mostly for stationary sounds. In the current paper, it was attempted for non-stationary sounds, especially for drum sounds. First, drum sounds were represented by a set of parameters using a method based on wavelet transformation, which was originally developed for analysis elsewhere [4] and adapted to morphing by us. Morphing of drum sounds was then realized by interpolating these parameters. Morphing was conducted for Bass Drum (BD), Snare Drum (SD) and Tom Drum (TD) sounds. Quality of morphed sounds and correlation between morphing rate and perceptual similarity to original sounds were checked through the listening test. The results indicated overall high-quality in morphed sounds.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 102(32), 25-30, 2002-04-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004023611
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6162571
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ