複数人の映像会話における空間の整合性と人の補償行動 : ノンバーバル情報のコミュニケーションにおける役割 Spatial Consistency and Users Compensating Behaviors in Multiparty Video Mediated Communication : Roles of Nonverbal Cues in Visual Communication

この論文をさがす

著者

抄録

対面のコミュニケーション(Face-to-face Communication)と同様, 映像を介した会話システム(Video-mediated Communication : VMC)においても視線や顔向きなどのノンバーバル情報は重要な役割を果たす.しかし, 現状普及しているテレビ会議システムなどにおいては, 装置構成上の制限からこれらの情報が正確に伝えられない.特に多人数が参加する映像会議システムにおいては, (1)だれがだれに対して発言しているのか, (2)相手と相互に見つめあっている状態(アイコンタクト)か, の情報がわかりにくいためコミュニケーションに問題を生じることがある.本研究は映像対話におけるこのような空間の整合性の問題の重要性を明らかにし, システムの設計基準の根拠を与えることを目標として, ユーザの行動分析を行う.そのため, 多人数の最小構成である3人用のVMC模擬システムを構成し, 相手との視線一致, 相手と視線不一致, 話したい相手とは異なる人物との視線一致, の3種の空間整合・不整合状態を作り出し, 被験者による会話実験を通じて, ユーザの行動分析, 比較を行った.実験の結果, 空間不整合のときのユーザの確認行動, 補償行動が確認された.

Nonverbal cues such as gaze and head orientation play an important role in video-mediated Communication as well as face-to-face communication. Existing video conferencing system available in a marketplace, however, cannot convey such visual cues correctly. Above all, multiparty communication systems, where visual cues : (1) "Who speaks to whom?" (2) "Do any of them gaze each other?" are not properly recognized by participants, may produce misunderstanding in communication. This study aims to clarify the importance of spatial consistency in visual communication space, and to give a design basis for the systems by analyzing users' behaviors. For that purpose we develop a VMC simulation system for three persons as a minimum configuration of multiparty VMC systems in which three spatial consistency/inconsistency situations can be chosen : (1) Eye-contact system, where each participant can be mutually gazed, (2) Non-eye-contact system, where any of the participants cannot be mutually gazed, and (3) Wrong-eye-contact, where person A's gaze to B is conveyed to person C. These three spatial configurations are compared and evaluated through the users' behaviors in the experiments. The experimental results show that typical user's behaviors which can be classified into confirmation-and compensation behaviors.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 105(385), 75-80, 2005-11-03

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004023662
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7747152
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ