Pit a Pat(ピット ア パット) : 展示について楽しく学べるツール  [in Japanese] Pit a Pat : An enjoyable learning tool for exhibitions in the National Science museum  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

携帯端末PDA(Personal Digital Assistant)を使用し、博物館での静的な展示への学習支援を行い、展示物の特徴を加えることで子供達の注意をより引き付けるデジタルコンテンツを提案している。その中で、博物館展示に対し、展示物である動物や魚の特徴や生息場所などの情報を図解によって視覚的にデザインした展示解説を開発した。展示の特徴や名称など展示にある情報に関するクイズを出題し、解説を図解で直感的にわかるようデザインした。展示に+αの遊びの要素を加えることで展示への抵抗感をなくし、来館者と展示物の距離を縮めることを目的としている。展示内容を低年齢層にも理解しやすい形で提供し、展示への興味を促すきっかけづくりを行った。

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 20(2), 31-34, 2005

    Japan Society of Science Education

References:  1

Cited by:  1

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004027141
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11161696
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top