会合における情報の関連性を記録するためのインタフェースの検討と評価 The Examination and Evaluation of an Interface for Recording the Relationships among the Information in a Meeting

この論文をさがす

著者

抄録

会合参加者の発言や自筆メモ,資料など会合を構成している各要素に対し,それらの間に存在する関連に着目し,これを記録するインタフェースを開発した.これを用いることにより会合において記録すべき有益な情報の記録抜けを低減し,各参加者が自筆メモ等の自分の会合での記録を利用して会合清報を検索参照することができると考えられる.本報告では,この会合記録インタフェースを開発し,それを用いて実験を行い,その結果をもとにその有用性を考察する.

We developed an interface to record relationships among utterances, handwriting memos and reference materials in a meeting. By recording these relationships, we think that it can be prevented that significant information is not recorded, and that we can easily refer to the minutes of a meeting after the meeting. In this report, we illustrate the prototype of an interface and evaluate the effectiveness of our interface.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア]

    情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア] 99(69), 37-42, 1999-08-20

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004029325
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10357661
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ