電解重合時における導電性高分子の2次元的成長 Two-dimensional Growth of Conducting Polymer prepared Electrochemically

この論文をさがす

著者

抄録

電解重合法で導電性高分子を重合するとき, 導電性高分子は電極上だけでなく, 電極がセル底面に接しているときには, セル底面に重合場所が転移し2次元成長する場合がある。また, 条件によっては電極表面上の成長から液中に3次元枝分かれ成長し, その後, 3次元成長から2次元成長に変わる場合がある。なぜ成長場所が底面に転移するのかはよく分かっていなかった。この原因として, 電極表面に付着しなかったオリゴマー/ポリマーの働きが考えられる。そこで, 電極をセル底面から少し離して重合を行ない, セル底面でオリゴマー/ポリマー濃度が高くなる条件を作り, セル底面に新たに導電性高分子膜ができるかどうか確かめた。また, この導電性高分子膜と2次元的成長との関係についても実験的に調べ, セル底面に2次元的成長がセル底面に転移していく機構について考察した。

Conducting polymers has been usually polymerized on an electrode. Under certain conditions, The polymerized points move from the electrode to a bottom surface of a cell and thus two-dimensional conducting polymer is fabricated on the surface. 2-D conducting polymers sometimes grow from tips of 3-D conducting polymers which grow from the electrode to solvent. Oligomer and/or polymer, which does not attach to film of conducting polymer on the electrode, play important role. It has been investigated the conducting polymer was fabricated on the surface at the conditions that concentrations of oligomer/polymer increase near the bottom surface using needle electrode which does not touch the bottom surface. The transition mechanism to 2-D growth has been discussed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    電子情報通信学会技術研究報告 105(305), 29-33, 2005-09-26

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004046097
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013334
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7472106
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ