技術経営の視点からみた企業史料の記録保存の意義と情報再編集の場としての博物館(<特集>「企業のレコード・マネジメント、アーカイブ・マネジメント」) Record management as MOT (Management of Technology) and recompilation of records in corporate museums(Records Management and Archival Management in Private Companies)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

製造業における産業技術情報の記録保存の意義について、最近の企業における研究開発の動向を踏まえ、技術経営(MOT)の視点から考察した。過去の産業技術情報を再編集することによって、新たなイノベーションを導く可能性を示すとともに、企業博物館を産業技術情報の再編集の場として位置付ける意義について論じた。

The aim of this paper is to provide some suggestion in the meaning of record management in manufacturing industries from a point of view of MOT (Management of Technology), considering the trend of research and development in them. The results of this analysis are as follows : (1) recompilation of the materials about the past industrial technologies has the potential to bring about innovations. (2) corporate museums are the best institutes in which various types of materials about the past industrial technologies should be recompiled.

収録刊行物

  • レコード・マネジメント

    レコード・マネジメント 48(0), 3-10, 2004

    記録管理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004062127
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10483407
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0915-4787
  • NDL 記事登録ID
    8604648
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-1889
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ