企業史料を考える(<特集>「企業のレコード・マネジメント、アーカイブ・マネジメント」) Thoughts on business archives(Records Management and Archival Management in Private Companies)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

企業経営はしばしば困難に直面するが、そのような時にこそ、そして普段から歴史を学び歴史に学ぶことが大切であり、その方法論が適正でなければならない。本稿では、企業で経営史料の管理、活用並びに会社史の編纂を担当した若干の経験をふまえて、非現用の企業史料を中心に、その定義、収集、評価、保存・管理、活用さらにビジネスアーキビストの育成について、問題提起を含めて私見を述べる。収集では着眼点と収集対象を、評価では評価の主体と史料価値の多面性について、保存・管理では原秩序の維持と出所の原則の重要性について、活用では史料の広範な利用の実例と可能性を中心に論考する。ビジネスアーキビストの育成については資質面と育成の制度に触れる。総じて、公共財としての性格をも持つ個々の企業の私的財産である企業史料の取り扱いについて全体像を整理してみた。これらは概論であり基本の考え方であって企業史料管理マニュアルではない。

When business management faces difficulties, and as usual, it is necessary for the management to learn from history with appropriate methodologies. This article expresses the author's opinion on definitions, acquisition, appraisal, preservation and management, and usage of business archives, mainly focused on noncurrent business records, as well as on education of business archivists who are responsible of the above issues. This opinion is based on the author's experience of business archive management and company history editing. The main topics of this article include : (1) perspectives and coverage for acquisition, (2) the standpoint of a person in charge and multiple values of archives for appraisal, (3) the principle of original order and provenance for preservation and management, (4) several examples and potentials for usage, and (5) quality of candidates and education systems for education of business archivists. All in all, this article tries to organize the whole issues of management of business archives, which are public property as a whole as well as private property of each company.

収録刊行物

  • レコード・マネジメント

    レコード・マネジメント 48(0), 11-28, 2004

    記録管理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004062128
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10483407
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0915-4787
  • NDL 記事登録ID
    8604655
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-1889
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ