近年の法的規制・自主規制が文書管理に与える影響 : 医薬品企業の場合(<特集>「企業のレコード・マネジメント、アーカイブ・マネジメント」) Effects of the recent legal and voluntary regulations on documents management : The cases of pharmaceutical companies(Records Management and Archival Management in Private Companies)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

医薬品企業は、薬事法で作成・保存すべき数多くの文書を保有している。そこで最近の法律の制定・改正が医薬品企業の文書管理に対して及ぼした影響を、具体的な事件、裁判例等を挙げて考察する。組織が保有する文書は、外部に開示・公表されるというリスクがあり、第三者から信頼されかつ厳格な文書管理が求められる。一方知的財産が評価される時代になったがゆえ、企業情報の積極的な開示も必要になってきている。このような状況で企業情報の戦略的活用法も重要になり、組織トップ及び文書管理担当者の果たす役割が大切になってきている。

In Japan, the Pharmaceutical Affairs Law regulates various documents which pharmaceutical companies shall create and archive. This article discusses effects of the recent enactment and revision of laws on documents management at pharmaceutical companies, based on several medication scandals and lawsuits. Since organizational documents are at risk of disclosure for other people and/or organizations, documents management should be strict and reliable for the third person. On the other hand, company information should be open in advance because evaluation of intellectual properties of the company becomes important. In this situation, it is necessary for the company to promote strategic use of its information and to understand the role of top management and records managers for such use.

収録刊行物

  • レコード・マネジメント

    レコード・マネジメント 48(0), 29-48, 2004

    記録管理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004062129
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10483407
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0915-4787
  • NDL 記事登録ID
    8604671
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-1889
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ