チャイナ・インターネットの現在と未来  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

インターネットの本質は, 言葉, 文字, 音声と映像以外で最も重要なコミュニケーション手段になるだろうと言うことである. 情報化社会の到来と言われる21世紀, 人口大国である中国がインターネットの普及が経済の発展だけでなく, 社会の繁栄にも果たす可能性はどのくらいあるのだろうか. これからの世界政治と経済社会の安定において, 重要な研究価値がある. 本論文では, 急速に発展してきたチャイナ・インターネットの現状に注目し, 政府の法令法規及びインターネット対策により浮上した問題点から, 独占問題や現行の使用料金に対するユーザーの声などを分析する. そして、チャイナ・インターネットの発展問題に関わる幾つかの打開策を検討する.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 98(8), 231-236, 1998-01-29

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004062374
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10463997
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top