子供の事故予防のための事故サーベイランスシステムへの取り組み : 確率的知識の抽出と活用  [in Japanese] Injury Surveillance System for Preventing Children's Injury  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本において社会的問題として深刻な子どもの事故を予防するための情報技術の研究を進めている.とくに事故の発生メカニズムや関係性, 子供の行動などを明示的に理解し, 計算機上でシミュレート可能にするために、まず事故事例を定常的に収集する事故サーベイランスシステムが必要である。本稿ではこれにより集められる事故履歴データから計算機モデルを構築し, それによりリスク評価や安全対策に寄与する知識を抽出し、活用する技術の概要について紹介する.

We introduce our research project for preventing children's accidents. Injury surveillance systems, probabilistic modeling, and 3-D computer simulations are introduced. We aim to collect statistical data in hospitals and homes in daily life.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 105(545), 13-18, 2006-01-16

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  4

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004075393
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10386841
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    7813705
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top