ナチス体制初期の労働政策 The Labor Polocy of the Early Nazi Regime

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ナチス体制の権力構造を明らかにしようとする多くの方法論のうち,現代の国家独占資本主義論,そのなかでのナチス型国家独占資本主義論という理論的・実証的枠組から,ナチス体制の究明に追ろうとする一方法論がある。本稿は,ナチス体制初期の国家権力により打出される一連の労働政策の分析を中心として,ナチス権力構造究明への接近を試みるものである。In this paper I research the labor policy of the early Nazi Regime. The labor policy is one of the most important, indispensable and character-expressive problems that distinguish the types of the modern state monopolistic capitalisms, that is Nazi, New Deal or other types. I discuss the process and effects of the labor policy in the early Nazi Regime, intending to make clear the political and economic character of Nazism.

収録刊行物

  • 大阪教育大学紀要. II, 社会科学・生活科学

    大阪教育大学紀要. II, 社会科学・生活科学 21, 139-156, 1972

    大阪教育大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004084682
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00028186
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03893456
  • NDL 記事登録ID
    212073
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZE16(社会・労働--家事・家政--学術誌)
  • NDL 請求記号
    Z6-512
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ