7402 災害情報の事前・事後活用のためのデータベース構築手法に関する研究 : その2 「阪神・淡路大震災における被災マンションの復興事例」のケーススタディ(阪神大震災(4)被害・避難・救助・情報) A study about the method of structure of the disaster information data bank which is effective against the countermeasure in advance and the restoration : Part 2- A case study about the "restoration case of the meeting residence where it suffered due to Hanshin Awaji earthquake"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 元谷 豊 MOTOYA Yuyaka
    • 早稲田大学理工学総合研究センター Advanced Research Center for Science Engineering of Waseda Univ.
    • 井田 敦之
    • 早稲田大学理工学総合研究センター Advanced Research Center for Science Engineering of Waseda Univ.
    • 高橋 信之
    • 早稲田大学理工学総合研究センター Advanced Research Center for Science Engineering of Waseda Univ.

収録刊行物

  • 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 1998, 803-804, 1998-07-30

    一般社団法人日本建築学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004148449
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487055
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13414534
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ