湿地植生計画のための鳥類の潜在的生息地図化とシナリオ分析に関する研究(平成12年度 日本造園学会研究発表論文集(18)) A Study on Bird Habitat Mapping and Scenario Analysis for Wetland Vegetation Planning(PAPERS OF THE 18th SCIENTIFIC RESEARCH MEETING)

この論文をさがす

著者

抄録

鳥類の生息環境保全の観点を取り入れた湿地植生計画の立案手法を開発する目的で,国営みちのく杜の湖畔公園のダム湖畔湿地(面積約38ha)において鳥類の潜在的生息地の図化とそれに基づくシナリオ分析を行った。まず,鳥類の分布と現存植生の関係をGISによって分析し,類似の植生を選好する鳥類のグループ(ギルド)を,サンプルエリア内の植生の面積を説明変数とするクラスター分析で抽出した。次に,植生の面積を用いた正準判別分析により,各ギルドが選好する植生の組合せを求め,ギルドの分布予測モデルを構築した。3番目にこれを適用して調査地全域における鳥類の生息地タイプ図を作成した。最後に,人為的に植生を変化させる2種類のシナリオによって,潜在的生息地がどう変化するか予測し,これを基に植生計画を検討した。

In order to develop a habitat planning method for wetland birds, a case study was done in Michinoku National Government Park in Miyagi prefecture, northeastern Japan. Actual vegetation map (scale 1/2,000) and point buffers of 395 recorded bird locations were overlaid using GIS. Three groups (guilds) of birds were identified by cluster analysis, and composition of the vegetation for each guild was classified by discriminant analysis. Then, birds' potential habitat map (distribution of suitable habitats for each guild) was drawn as grid map based on information of vegetation composition. Finally, two types of simulated habitat maps were drawn based on two vegetation change scenarios.

収録刊行物

  • ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture

    ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture 63(5), 759-764, 2000-03-30

    社団法人日本造園学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004305130
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10455955
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13408984
  • NDL 記事登録ID
    5390850
  • NDL 雑誌分類
    ZK2(芸術--建築)
  • NDL 請求記号
    Z11-315
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ