高雄市の日本植民地時代における公園緑地計画の歴史的展開(平成13年度 日本造園学会研究発表論文集(19)) Development of the City Parks and Open Space Planning of Kaohsiung, Taiwan, During the Japanese Colonial Period(PAPERS OF THE 19th SCIENTIFIC RESEARCH MEETING)

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は,高雄市の日本植民地時代における公園緑地計画の展開を明らかにすることを目的とし,文献及び公文書等の記録の検討並びに新たな資料の発掘による次の事項を明らかにした。高雄市の公園緑地計画は,(1) 港湾都市として整備を開始する早い時点で最初に計画された公園が,台北市の圓山公園と同じように市街地を展望する地点であること,(2) 1917年には土地利用計画に合わせた公園の配置計画が立てられており,小学校に隣接した小公園及び河川沿いの緑道が計画されていること,(3) 更に,大台北市区計画が立てられた同年には,ブールバールで結ばれた同様のパークシステムが計画され,今日の高雄市の骨格を形成していること。

This research is a study about the development of the city parks and open space planning of Kaohsiung during the Japanese colonial period. Through governmental documentations and reports of new discovery, we can confirm the following items:(1). Due to the starting of urban planning as a result of establishing the harbor, the earliest park was planed and was similar to that of Taipei's Yuan Shen Park, which is set at an ideal location with a nice view.(2). In 1917 the land use plan was incorporated with the park location plan. Small parks were planned adjacent to schools and green pathways were planned along riverside.(3). In 1932 Taipei and Kaohsiung City simultaneously implemented the systematic park plan, which formed the basic structure for today's City Plan of Kaohsiung City.

収録刊行物

  • ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture

    ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture 64(5), 451-456, 2001-03-30

    社団法人日本造園学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 緑地・環境

    木下 勇

    都市計画 50(3), 59-64, 2001-08-25

    参考文献89件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004305178
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10455955
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13408984
  • NDL 記事登録ID
    5858347
  • NDL 雑誌分類
    ZK2(芸術--建築)
  • NDL 請求記号
    Z11-315
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ