江戸から東京への意味的世界の変化と都市オープンスペースの形態的変化に関する考察(平成7年度日本造園学会研究発表論文集(13)) The Relationship between the Change of Semantic World and the Spatial Transformation of Urban Open Space from Edo to Tokyo.(PAPERS OF THE 13th SCIENTIFIC RESEARCH MEETING(13))

この論文をさがす

著者

抄録

本論は江戸から東京への変動期にみられる都市オープンスペースの形態的変化を,社会的な意味生成の場としてのオープンスペースという観点から検討することを目的とする。江戸の社会は,制度的空間的に各町を構成単位としていたことから,オープンスペースは各構成単位の狭間の空間として自らを表していた。そこはまた大道芸人たちが宗教的色彩の濃い諸芸能を披露する舞台であり,意味的には中世以来の〈定住-漂泊>の関係がみられる。本論の考察の結果,明治初期の東京で実施された各種芸能の禁止,統制等の文化政策は,オープンスペースの形態的変化,社会的諸制度の変化と密接に絡みつつ,江戸の意味的世界観を変更することが明らかになった。

The purpose of this article is to study the relationship between changes in the semantic world and in the spatial form of the urban open space. Since the Edo society consisted of Machi units institutionally and spatially, the urban open space manifested itself as the aperture of those units. That space was the stage for the street performers who presented religious plays. Semantically, it is possible to observe the relationship between the settled people and drifting one. Meiji government prohibited or controlled performances on the street. Accompanying with institutional and spacial chages, these policies altered the semantic world of Edo.

収録刊行物

  • ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture

    ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture 58(5), 29-32, 1995-03-31

    社団法人日本造園学会

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 都市計画史

    中川 理

    都市計画 45(4), 53-58, 1996-10-28

    参考文献56件 被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004305582
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10455955
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13408984
  • NDL 記事登録ID
    3611506
  • NDL 雑誌分類
    ZK2(芸術--建築)
  • NDL 請求記号
    Z11-315
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ