日本産ホウシグモ属(クモ目, ホウシグモ科)の検討 <Mem. Natn. Sci. Mus., Tokyo>A Revision of the Japanese Spiders of the Genus Langbiana (Araneae, Zodariidae)

Search this Article

Author(s)

Abstract

ホウシグモ科(Zodariidae)は特異な形態をした好アリ性クモ類の一群で, 世界からおよそ300種が知られている。そのうちの約130種は, Storena属(ホウシグモ属)のもとに記載されてきたが, 最近この属を検討したBOSMANSとVAN HOVE(1986)は, 従来Storena属とされてきた種のほとんどを, 今日までほとんど知られていなかったLangbiana属に転属した。日本産のStorenaは, S. hoosi KISHIDA(ホウシグモ)ただ1種が鹿児島県より記載されていたにすぎず, しかもその基準標本は失われてしまったので, 今日まで未検討であった。また, この種のほかに琉球列島に数種の未記載種が生息していることが以前から知られていた。今回, 奄美諸島・トカラ列島の自然史科学的総合研究による調査で, 奄美大島の湯湾岳山頂付近より興味深いホウシグモの一種が採集された。この材料に, 八重山諸島西表島で採集された標本, また九州の鹿児島県および宮崎県から得られた新しい材料を加え, 日本産ホウシグモ属(Langbiana)のクモ類の現時点での検討を行ったので, その結果を報告した。Storena hoosiは, 原著者により基準産地が鹿児島県としか記されていなかったが, 鹿児島県霧島産の雌を新基準標本に指定し, 再記載を行った。また奄美大島および西表島産の3新種を, Langbiana sadamotoi(アマミホウシグモ), L. fulvipes(ヒアシホウシグモ), L. shimojanai(ヤエヤマホウシグモ)と命名して記載した。

Journal

  • Memoirs of the National Science Museum

    Memoirs of the National Science Museum 23, 101-112, 1990

    National Science Museum

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004313142
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00379635
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    00824755
  • NDL Article ID
    3711238
  • NDL Source Classification
    RA82(動物一般・分類・進化--無脊椎動物)
  • NDL Source Classification
    ZU19(書誌・図書館・一般年鑑--学術一般・博物館)
  • NDL Call No.
    Z21-208
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top