「物性心理学」による現代文明・文化論--心理材質論的人間学の試み(その2)  [in Japanese] A Treatise about Modern Civilization and Culture from the Viewpoint of the Psychology of Matter : An Opinion about the Relations between Mentality and Quality of the Using Materials.(No.2)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

著者の唱える「物性心理学」によると、現代のさまざまな心理学的な現象の背景に、われわれが日常使用する衣食住の生活用品の材質からくる特性の反映があることを指摘した。特に、多用されている「プラスチック樹脂」の製造過程や廃棄処分に伴い溶け出す「環境ホルモン」の影響により、現出すると推測されている性別未分化症候群としての「性同一性障害」や「同性愛志向」、あるいは、軽度発達障害や自律神経失調症等の「化学物質過敏症」が憂慮されている。それは「プラスチック心性」と名づけた本来の自然性が損なわれた「~もどき」のまがいものや生理学的な内分泌撹乱の為せる業の帰結であると考えられる。奇しくも化学合成の産出物が「心理材質論」を裏づける人間模様を染め出していることがわかったのである。もうすでに手遅れのきらいがあるが、少しでも自然に回帰するべく、「グリーンケミストリー」になじむ草や木の材質を取り込むところから醸し出される、「木の性格」や「木質心性」への環境復活が早急に求められると言えよう。

From the viewpoint of the psychology of matter, modern people is apt to fall into "plastic character". Clarifiing the context of this fact, from the manufacturing process and the doing away with plastics, it is said that the so-called endocrine disruptors (hormone-disruptive chemical substances) dissolve into the environment. As a result, various incidents such as gender identity disorder, homosexuality, slight developmental disorders, and autonomic ataxia imbalance are increasing. From now, we should regard "green chemistry" as important, by means of using trees and plants in daily life, and we should recover lost natural circumstances and "wooden character" or "wooden mentality".

Journal

  • The Human science research bulletin of Osaka Shoin Women's University

    The Human science research bulletin of Osaka Shoin Women's University (5), 35-44, 2006-01

    Osaka Shoin Women's College

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004471673
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11637107
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13471287
  • NDL Article ID
    8548678
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-G412
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top