バスケットボールゲームにおける高さとうまさによる分析的研究--アテネオリンピックにおけるアメリカ男子チームの戦力分析  [in Japanese] An Analysis of the Basketball Games on the Hight and Skillfulness-Analysis of USA Men's TeamAbility in Athens Olympic  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

 バスケットボールゲームは,対峙する2チーム間で,一定時間プレイし,得点の多寡を競う競技である。ゲームの勝敗を決定する要素として,シュート力,ボールキープ力,リバウンド力等の技術的要素と共に,プレイヤーの身長差等の体格的要素と多岐に亘る。そこで,本研究は,2004年に開催されたアテネオリンピックにおけるアメリカ男子バスケットボールチームの計8ゲームを分析対象とし,高さ(身長)とうまさを数量化し,チーム戦力の分析を試みた。分析方法は,ボックススコアを基に,キープ力,シュート力,リバウンド力を求め,オフェンス力とディフェンス力を算出した。次に,期待値として捉えた核とその変動の幅(ブレ),身長とリバウンド比による大きさ,それぞれの項目のうまさを数量化した。その結果,キープ力・シュート力・リバウンド力において,身長差をうまさで補うことは可能であり,また,身長とリバウンド比による大きさを基に,高さとうまさを分離することは,チーム戦力を高さ抜きで平等に評価するうえで,有効であると思われる。更に,ブレの数値を比較することで,そのチームがどのようなゲーム展開をしているかを推測でき,また,ブレの有無やその大きさによって,チームにおける戦力等の課題把握に客観的な資料を提供した。 This study was analyzed for USA men's team on the hight and skillfulness, about 8 games of the basketball championship on Athens Olympic in 2004. The results may be summarized as follows; 1. In the V score on the hight and rebound rate in USA team, it was 1.12 against PUE,1.19 against ANG, 1.09 against LIT, it was showed USA team was a high numerical value, so it was strong rebound. 2. In the skillfulness of keep, it was showed that ANG was 1.04 in the highest score as compared with the other team. In the skillfulness of shot, LIT was 0.73, so it seemed to show high the shot ability, and in the skillfulness of rebound, USA was the highest score. 3. It was showed that it is possible to the skillfulness cover a hight difference, and it was available to separate skillfulness from hight on equally estimation the value.

Journal

  • Bulletin of the Yamagata University. Educational science

    Bulletin of the Yamagata University. Educational science 14(1), 35-47, 2006-02

    Yamagata University

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004473695
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00242980
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    05134668
  • NDL Article ID
    8009064
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-328
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top