体脂肪推定におけるキャリパー法と電気インピーダンス法の比較 A Comparison of the Body Fat Estimated by Skinfold Caliper and Bioelectrical Impedance in Measurement Value

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

体脂肪量の直接測定は現在の測定技術ではほとんど不可能であり,その試みは間接法による推定の域を説し得ない.多くの間接的推定法が開発されている中にキャリパー法とBI法がある.キャリパー法は,常にその妥当性や再現性等について信憑性が指摘されている.一方,BI法は再現性も高く,測定時間も2分程度で終了し極めて信頼性も高い測定法とされている.本研究は,BI法から算出される体脂肪量の推定を妥当と仮定し,キャリパー法の妥当性を検討した.被検者は健康で形態も日本人として標準的な18歳〜23歳の女性57名である.キャリパー法とBI法から算出されたF%の平均±標準偏差は. 28.21土7.04%, 29.77±4.77%でその差に有意差は認められなかった.しかし,キャリパー法の皮脂厚の計測は,被検者それぞれの皮膚の張り具合や測定誤差としての妥当性等にかなり問題があった.それは,キャリパー法とBI法の間に個々の差として,28.66〜-12.52%の差がみられたからである.また,皮脂厚腕(X_1)・皮脂厚背(X_2)を説明変数,BI法によるF%を従属変数とした重回帰はY=0.15(0.12)X_1+0.21(0.08)X_2+22.30〔()内推定標準誤差〕(r=0.48 P<0.01)を得たが,この推定式への寄与率は23%であった.従って,BI法を妥当と仮定した場合,キャリパー法によるF%の推定にはかなりの問題があることを強く指摘するものである.

収録刊行物

  • 名古屋文理短期大学紀要

    名古屋文理短期大学紀要 18, 109-114, 1993

    名古屋文理大学短期大学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004499390
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10179020
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09146474
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ