女子短大生(栄養士専攻)の栄養補助食品(サプリメント)利用と栄養・食物摂取状況について Dietary Supplement Use and Nutritional Intake in Women's Junior College Students of Nutritional Major

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

飽食の時代である今日において運動不足も加わり生活習慣病の問題が深刻になってきた.このような時代において健康への意識は高まり,栄養への関心が高まった.また若者の間ではマスメディアの影響を多大に受け身体のスリム化現象がいわれており偏った食への関心が出てきている.ますます食生活への関心が高まってきたといえよう.そのターゲットにあがってきたのが栄養補助食品(以下,サプリメント)である.サプリメントはあらゆるマスメディアのターゲットになりサプリメントの効能を説くことによって消費者を煽っているのが現状である.本研究は愛知県私立短期大学体育研究協議会で実施された調査中の特に栄養士豚吹の女子短期大学生96名に着目しサプリメント利用実態を明らかにし,さらに食物摂取調査を実施し栄養摂取状況を探った.サプリメント利用者は31%,過去に利用したことがある者は47%で,いままでにサプリメントに関わってきた者が非常に多かった.利用頻度は毎日が40‰週1目が30%であった.ビタミン類を利用している者が多かった.また利用目的は美容のため57%,健康のためが半数いた.ダイエットのためと回答した者は少数であった.食物摂取調査から分析した栄養摂取状況は第6次改定日本人の栄養所要量と比較をしたが栄養素16項目中10項目が下回っていた.また食品群別摂取量についても基側直(健康栄養時報研究会編)と比較すると17項目中14項目が下回っていた.さらに三人栄養素比率でも脂質の比率が適正比率より高い傾向であった.これらのことから栄養士教育を受けている学生にも関わらず食物摂取状況は必ずしも良好とはいえない結果であった.効果の実感が薄い,もしくはわからないまま利用する,美容のために利用する,健康・栄養のアンバランスをサポートする等でサプリメントを利用することが窺えた.サプリメントを利用することが栄養素の過剰摂取にも繋がりかねないため,適切な利用法を教育する必要性を痛感した.

収録刊行物

  • 名古屋文理短期大学紀要

    名古屋文理短期大学紀要 28, 31-37, 2004-04-01

    名古屋文理大学短期大学部

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004499409
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10179020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09146474
  • NDL 記事登録ID
    7030789
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-845
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ