新製品開発の失敗要因としてのコミットメント・エスカレーション : 開発プロセスにおけるその現象と影響要因に着目して Escalation of Commitment as a Failure Factor of New Product Development

この論文をさがす

著者

抄録

新製品開発は企業にとって存続と成長を左右する重要な活動である。どの企業もその成功のために多大な資源を投じているが,現実には多くの新製品が失敗に終わっている。新製品開発に不可欠な情報分析ツールは確実に進化しているものの,開発プロセスにおける意思決定の精度には問題が残されている。本稿では,新製品開発の成功要因と認識されてきた開発関係者のコミットメントについて,その弊害的側面に着目することにより,新製品の成功を阻む非合理的な意思決定の原因を探った。コミットメントのエスカレーションは,過去の意思決定や選択が思い通りの成果をあげていない場合に引き起こされ,意思決定者を誤った行動に固執させてしまう。プロジェクトの成功見込みについて危険信号が出されているにもかかわらず,その警告を無視したり歪めて解釈したりしてプロジェクトを続行すれば,最終的に新製品の失敗と莫大な損失をもたらしかねない。新製品開発には多大な努力と費用がかかり,特に費用は開発段階が進むほど増大する。開発プロセスのレビュー・ポイントにおける決定が新製品の成否に大きく関わるため、その意思決定に弊害をもたらすコミットメント・エスカレーションを回避することは重要な課題である。そこで本稿では,マーケティング領域においてほとんど適用されてこなかったコミットメントのエスカレーション理論を用いて,新製品開発プロセスにおけるエスカレーションの影響要因を導出し,その回避策を考察した。

New Product Development (NPD) is an important activity which influences continuation and growth for firms. Although firms invest a lot of resources to ensure success, many new products actually fail. Information analysis tools have evolved, but decision making accuracy has not progressed. In this article, I focus on the negative aspects of commitment. In many studies, commitment has been identified as a critical factor for a new product's success. But, escalation of commitment can lead to decision errors which prevent the success of a new product. I examine the causes of commitment escalation. The escalation of commitment refers to persisting in a failing course of action. This phenomenon occurs when prior decision making or selection are not getting satisfactory results. If the NPD manager disregards negative feedback concerning the failing project, there is an enormous loss. NPD requires large effort and cost. Generally, the closer to the product commercialization, the more the cost increases. Avoiding the commitment escalation is an important challenge, because the decision making in the review point during the NPD process determines failure or success. I derive factors that influence escalation in the NPD process by using the escalation theory of commitment which is rarely applied in the marketing area. Finally, I consider how to avoid escalation of commitment and present its implication for business.

収録刊行物

  • 産業経営

    産業経営 34, 73-88, 2003-12-15

    早稲田大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004520148
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00098465
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02864428
  • NDL 記事登録ID
    6886775
  • NDL 雑誌分類
    ZD23(経済--企業・経営)
  • NDL 請求記号
    Z4-402
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ