モバイル端末からのIPv6接続実験と評価 An Experiment and Evaluation of IPv6-Connection from the Mobile terminal

この論文をさがす

著者

抄録

次世代インターネット接続プロトコルとしてIPv6が声高に叫ばれるようになって久しい。常時接続の固定ホストに限れば、既に商用ネットワークサービスでのIPv6接続は実用段階に入っている。いっぽう非固定であるモバイル端末からのIPv6接続は技術的に確立されているものの未だ実験段階と呼べるまでには至っていない。本稿ではDTCPを用いたIPv6トンネリング接続の適用範囲を広げる拡張を実装した上で、実際に移動端末からの公衆ダイヤルアップ回線を利用したIPv6トンネリング接続の実験を行ないその可用性を確認した。

It has been years since the necessity of IPv6 Internet connection has emphasized. Now, we can connect to the IPv6 bakbone via Internet Service Provider (ISP). However, these IPv6 connection services are practical only for static network terminals today. Although the method of IPv6 connection from mobile terminal has been established, it is still not applicable widely. In this paper, we implemented the extension of authentication database model to the DTCP server/client system and experimented on the extended system by establishing the connection from the mobile terminal via public dial-up line.

収録刊行物

  • 東北公益文科大学総合研究論集 : forum21

    東北公益文科大学総合研究論集 : forum21 5, XXV-XXXVI, 2003-05-30

    東北公益文科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004530774
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11549961
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18806570
  • NDL 記事登録ID
    6652012
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z71-F47
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ