大正期における「英雄論」と三宅雪嶺  [in Japanese] The Hero Image in the writings of Setsurei Miyake and Others in the Taisho Era  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿は,明治中期から大正期にかけのて,三宅雪嶺の「英雄論」を分析するとともに,雪嶺の論説発表の場である『日本人』誌上における「英雄論」についても検討を加える。それらの作業によって,大正期の思想空間,言論空間において,「英雄」という形で論ぜられた人文表象の意味とそこに雪嶺が果たした役割について,考察して行くことを課題とする。

Journal

  • The Journal of humanities

    The Journal of humanities (33), 101-125, 2004

    Chiba University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004531556
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00142942
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03862097
  • NDL Article ID
    7024457
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-831
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top