表面溶融部の多結晶化に関する理論的検討 : LDレーザによる結晶制御クラッディング(第3報)  [in Japanese] Theoretical Analysis of Poly-crystallization in Surface Melted Zone : Crystalline Controlled Cladding using LD laser Beam (Report3)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

Ni基単結晶超合金を表面溶融した際,表面溶融部内が多結晶化すると機械的特性が著しく劣化する.そこで,核生成,組成的過冷,温度分布,温度勾配,デンドライト成長速度および溶融池形状などを考慮し,ストレイ結晶の発生条件を予測した.その結果,予測結果と実験結果は良好な一致がみられた.

Journal

  • Preprints of the National Meeting of JWS

    Preprints of the National Meeting of JWS 76, 68-69, 2005-03-22

    Japan Welding Society

References:  4

Cited by:  1

Codes

Page Top