中学校数学における3次元動的幾何ソフトの利用に関する研究 : 教材開発のための枠組みの設定とカリキュラムに応じた利用  [in Japanese] Use of 3D Dynamic Geometry Software in Lower Secondary School Mathematics : Making a framework to develop teaching materials and applying it according to curriculum  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,2つの視点(図形を考察する活動,空間において図形を考察する方法)に基づき,中学校数学図形領域カリキュラムにおいて3次元動的幾何ソフトを利用した教材を開発する枠組みを設定する。そして,この枠組みをカリキュラムに応じ利用する方法として視点「図形を考察する活動」を軸とする方法と,視点「空間において図形を考察する方法」を軸とする方法があることを指摘する。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 29, 143-144, 2005-08-31

    Japan Society for Science Education (JSSE)

References:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004562232
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    09134476
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top