1B2-C6 コンピュータを利用した遠隔協同作業におけるマウスカーソルの機能 : 他者マウスカーソル表示機能の効果(ユビキタス社会における学習環境のデザイン(2))  [in Japanese] Supporting distance collaborative work by multi-mouse-cursor function  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論ではコンピュータを利用した遠隔同期協同作業における複数マウスが、どのように作業を支援しているかを比較実験によって示す。比較実験には、Kneading Boardシステムを利用した。他者のマウスカーソルが表示される設定と、自分のマウスカーソルのみが表示される設定を用意し、それぞれの設定における協同作業のしやすさを、大学生を被験者として比較した。他者のマウスカーソルが見えることによって、①協同作業におけるポインティング、②場の共有感・ライブ感の構成、③協同作業の場において次に何がおこるかという予期が、可能になっていることがわかった。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 29(0), 167-170, 2005

    Japan Society for Science Education

References:  4

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004562240
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top