3G3-D6 パソコン採点のアカウンタビリティー(II)(教育方法と評価)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

センター入試を始め、世の中にはマークカード式採点が一般化している。筆者は十数年前から、マークカード式の授業内プレテスト、ポストテストを行ってきた。一方、最近、あらゆる行政行為の正当性についてアカウンタビリティが求められるようになってきた。筆者の採点システムも、厳密に説明を求められると、かなりの困難性があると認めざるをえない。実は、筆者だけの問題でなく、世の中のマークカード式試験に共通する問題ではないかと思い、あえて問題提起する次第ある。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 29(0), 565-568, 2005

    Japan Society for Science Education

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004562395
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top