関西地域における開口部に複層ガラスを用いたプレハブ住宅の冬期の暖房範囲(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集) A study of the heating zone in prefabricated houses with double glazing windows in the Kansai area during winter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 澤島 智明 SAWASHIMA Tomoaki
    • 京都府立大学大学院人間環境科学研究科:大和ハウス工業 (株) 総合技術研究所 Dept. of Human Environmental Science, Kyoto Pref. Univ.:Daiwahouse Industry Co., Ltd Central Research Laboratory

収録刊行物

  • 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用

    学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用 2002, 43-44, 2002-06-30

    一般社団法人日本建築学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004568646
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487011
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1341450X
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ