台湾植民地戦争における憲兵の生活環境--明治28〜36年(1895-1903)高柳彌平『陣中日誌』より  [in Japanese] Living conditions of a military policeman during the colonial war in Taiwan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

台湾植民地征服戦争に1895年から1903年まで参加した憲兵の日誌を紹介する。内容は主に,台湾での自分の任務についてであり、なかでも抗日車との戦闘の様子をくわしく記している。著者の高柳彌平は,憲兵上等兵として台湾に出征し,軍需品輸送警備,抗日車との交戦のほか,現地で台湾語を学んで通訳となり,台湾人の密偵を使って情報収集などをした。勤務地は主に台南であった。現地の環境を考慮せずに持ち込んだ日本車の衣食住の様式は,兵士を苦労させただけでなく,徴用や略奪といった形で現地の住民に被害を及ぼすことになった。著者の台湾人住民に対する行動は,「良民撫育」と「土匪討伐」に二極化しているが,いずれにせよ,相手の人格の無視ないし軽視である。この二つの任務に明け暮れた著者の生活は,その後長く日本に根付く,台湾の人々に対する蔑視を形作る要素となったと考えられる。

Journal

  • The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Human environment and agriculture

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Human environment and agriculture (56), 51-65, 2004-12

    京都府立大学学術報告委員会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004597279
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11189254
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13433954
  • NDL Article ID
    7225253
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z22-563
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top