原意主義批判としての道徳的読解--R.ドゥオーキンの憲法解釈論についての一考察  [in Japanese] Moral Reading as Anti-Originalism  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿の目的は、アメリカの法哲学者ロナルド・ドゥオーキンが提唱する憲法の読み方「道徳的読解(moralreading)」がどの様な考え方であるのかを明らかにすることである。ドゥオーキンは彼の一連の著作を通じて、法解釈には道徳的な考慮が不可欠であるという主張を繰り返している。その中でも、本稿で取り上げる「道徳的読解」という考え方は、その名称からしても、彼の主張を最も直裁に表していると言えよう。

Journal

  • Social sciences and humanities,Chiba University

    Social sciences and humanities,Chiba University (5), 151-163, 2001

    Chiba University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004597294
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11143832
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13428403
  • NDL Article ID
    5685842
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B269
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top