プロシーディング 古代エジプトの「死後の世界」  [in Japanese] The Afterlife in Ancient Egypt  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

現世の生活を理想とした古代エジプト人は,その「続き」である永遠の来世の存在を信じ,太陽神ラーと冥界の神オシリスの信仰をその主な支えとしていた.彼らの来世観念は,古王国時代には王の(神としての)再生を中心とするものだったが,古王国の崩壊は,王以外の人々にもそのような死後の再生への道を開き,「死者の審判」の観念をも生じさせた.

Journal

  • Meirin journal of dental engineering and oral health science

    Meirin journal of dental engineering and oral health science 5(1), 58-63, 2002-03

    Meirin Junior College, School of Dental Technology, Hygiene and Welfare

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004599399
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11275028
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13440373
  • NDL Article ID
    6253513
  • NDL Source Classification
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL Call No.
    Z74-B119
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top