健康をテーマとした総合的な学習の編成と実施に関する一考察  [in Japanese] A Study on Organizations and Practices of the Integrated learning for Health education  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

健康とテーマとした総合的な学習を充実・発展するために,日本の学校教育における健康教育の歴史を調べ,教科をつなぐ視点を探るとともに,教員と児童の健康への関心を調査・分析した。さらに,小学校の年間を通した欠席調査を行うことによって,症状によって季節毎の増減があることを明らかにした。これはこの総合的な学習を展開する時期に一つの示唆を与えることができたと考えている。また3年生,4年生,6年生を対象として実践することによって,この学習が高学年に適しているのではないかとの判断をすることができた。一方,児童の自主的な学習活動を支える書物が少ないことも明らかになった。そして,編成から実践の中で,充実・発展にむけた課題も少なからずあることも判明した。

Journal

  • Bulletin of Faculty of Education,Nagasaki University. Curriculum and teaching.

    Bulletin of Faculty of Education,Nagasaki University. Curriculum and teaching. (42), 1-13, 2004-03

    Nagasaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004599962
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11330046
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13451383
  • NDL Article ID
    7000431
  • NDL Source Classification
    ZF9(教育--各科教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1039
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top