コンニャクによる食餌性イレウスをきたした Meckel 憩室の1例

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は26歳, 男性. 夕食にコンニャクを食べ, 翌日の正午から腹痛が出現. 翌々日の早朝から嘔気, 嘔吐を繰り返したため当科を受診した. 腹部所見では腸雑音は減弱しており, 腹部単純レントゲン検査で小腸ガス像を認め, 腹部CT所見でも腸液が充満, 拡張した小腸を認めたがイレウスの原因は確定できなかった. 内ヘルニアによる絞扼性イレウスも否定できないため, 同日開腹術を施行した. 回腸末端より70cm口側に Meckel 憩室を認め, 約4cm大のコンニャクが憩室内に1個とその口側の回腸内に長径2.5cmから4cm大のコンニャク片が10個充満していた. Meckel 憩室を楔状切除し, この切開部より全てのコンニャク片を除去した. イレウス状態の患者の診察にあたっては, 手術歴を確認する以外に食餌性イレウスの可能性も考慮し, 食事内容やそしゃく状況に関する丁寧な問診が重要であると考えられた.

収録刊行物

  • 近畿大学医学雑誌

    近畿大学医学雑誌 29(1), 17-19, 2004-04-25

    近畿大学

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004615468
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00063584
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    03858367
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ