華人企業の経営特性の連続性と非連続性--タイ自動車部品製造業にみる企業者活動 Continuity and Discontinuity of Management by Overseas Chinese : Entrepreneurship in the Thai Auto Parts Industry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

過去数十年にわたる東南アジアの経済発展における華人企業の役割が注目され, 華人企業者の経営特質に関する研究が活発になっている。その特質としては, 同族性やネットワーク, 華人企業と国家・多国籍企業との関係, リスク志向・金融志向・多角化志向の経営戦略などについて議論されてきた。また研究対象の多くは, 大規模な複合企業であった。本稿では, 複合企業ではなく, 近年自動車産業の発展が目覚しいタイの地場自動車部品サプライヤーであるサミット, アピコ, マノヨン, バンコク・スプリングの事例を中心に分析している。その結果は, 限られた産業における事業機会の追求と技術の蓄積をはかろうとする, 従来議論されてきたものとは異なる華人企業者の特質を明らかにしている。

Many scholars have been paying attention to the role of overseas Chinese enterprises in the development of South-East Asian countries for the last few decades. They have also been discussing the characteristics of their management such as family and network, relationship with states and multinational enterprises, and risk-, financial- and diversification-oriented strategies. They have analyzed mostly big diversified business conglomerates. In this article, Thai local auto parts suppliers such as Summit, Aapico, Manoyon and Bangkok Spring, which have been developing rapidly, were analyzed. The findings show that they try to seek for business opportunities as well as accumulate management and technological know-how to develop their businesses in a particularly limited industry.

収録刊行物

  • 産業経営

    産業経営 (38), 3-21, 2005

    早稲田大学産業経営研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004616062
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00098465
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02864428
  • NDL 記事登録ID
    7942644
  • NDL 雑誌分類
    ZD23(経済--企業・経営)
  • NDL 請求記号
    Z4-402
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ