うつ病の診断と治療  [in Japanese]

Author(s)

Abstract

うつ病は,有病率が3%から8%の一般的な病気であり,適正な治療を受ければ半年で約80%が寛解する.しかし,症状は,心身領域に現れ,思考の渋滞化,行動の制止,さまざまな身体症状などがあり,診断が適正に行われない場合には,軽快するのに時間がかかることもあり,さらに,症状のひとつの自殺念慮の結果として自殺が完遂されることもある.現在,日本の自殺は,およそ3万3千人におよび,うつ病の診断と治療は,自殺予防といった観点からも重要である.うつ病の病態生理としては,脳内のシナプス間隙におけるセロトニンやノルアドレナリンの枯渇と考えられており,これらの神経伝達物質の枯渇を抗うつ薬等で治療することによって,軽快.寛解,完治することを述べた.

Journal

  • Juntendo medical journal

    Juntendo medical journal 51(3), 386-391, 2005-09-30

    Juntendo University

References:  2

  • <no title>

    American Psychiatric Association

    Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 1994

    Cited by (1)

  • <no title>

    笠原嘉

    軽症うつ病, 1996

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004616744
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00113194
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    00226769
  • NDL Article ID
    7689618
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-432
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top