ベネルクス関税同盟の設立 The Formation of the Benelux Customs Union

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は、戦後ヨーロッパ統合の先駆となったベネルクス関税同盟について、おもにベルギーの側から研究したものである。第二次大戦期にロンドンにあった亡命政府によって締結されたベネルクス関税協定は、戦後構想と密接な関係を持っていた。英米とくにアメリカを中心とした戦後世界においてヨーロッパ小国が経済的に自立し政治的発言権を確保する意図がベネルクス同盟にはあった。だが、大戦が終結し亡命政府が帰国しても関税協定の発効は遅れた。その要因はオランダの経済困難、ベルギーのオランダ農業に対する恐怖感、税制の不一致など国益にかかわる重大な問題があったからである。ベネルクス諸国はこれらの問題を解決するか、先送りすることによって1948年から関税同盟を発足させた。ベネルクス同盟は、EECのモデルとなり欧州統合の実験室となった。また、小国が大国に対して結束することで人口や経済規模に比較して大きな発言力を確保できた点は今日のEUにあっても注目される。

収録刊行物

  • 経済学季報

    経済学季報 54(1), 1-33, 2004-09-30

    立正大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004616860
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00069955
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02883457
  • NDL 記事登録ID
    7164943
  • NDL 雑誌分類
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL 請求記号
    Z3-187
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ