セルフケアを主軸にした成人看護学の科目内容と展開方法  [in Japanese] The Contents and the Teaching Method of the Adult Nursing Course Program Focused on Self-care  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

目的 : 本稿では,本学(順天堂医療短期大学)の成人看護学で行っている「セルフケア」を主軸に,「生活の場が医療施設である健康障害をもった人々の看護」に焦点をあてたカリキュラムで実施している成人看護学の科目内容と展開方法を報告する。結果 : 成人期にある人々の看護においては,成人の特性を考慮し人々のもつセルフケア能力の維持・向上が図れ,本人の望む最適な健康状態に到達できるような援助が求められる。そこで,成人看護学では「健康障害」のある人々の「セルフケア」を主軸に,講義を「生涯にわたりセルフケアが必要となる人にセルフケアの維持・向上にむけた援助」「セルフケア能力が低下した人に,セルフケアを補いながら,その人らしい生活を取り戻していけるための援助」「セルフケア能力の維持・拡大をめざす支持的,教育的な支援活動」の3科目,実習を「生涯にわたりセルフケアが必要な人々の看護」および「手術を必要とした危機状況にある人々の看護」の2科目から構成し,教授を展開している。考察 : 理論と技術を実際の看護場面に適用し実践を統合する実習評価で,学生は全員合格できており,セルフケアを主軸にした授業内容の精選と展開は,自立し,自律した存在である成人を対象とする医療施設における健康障害者の看護を教授するうえで効果が期待できる。今後は,セルフケアの視点から構成した成人看護学の教育実践が,卒後の看護実践活動でどのような教育効果をもたらしているのかを明らかにする必要がある。

Journal

  • Journal of health care and nursing

    Journal of health care and nursing 1(1), 29-36, 2005-03-19

    Juntendo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004622398
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12047936
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13498630
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top