性教育の実践に関する文献検討 The review on the practice of sexuality education

この論文をさがす

著者

抄録

性教育の実践活動の傾向を明らかにし、今後の性教育のあり方について示唆を得るため、性教育の実践に関する論文を対象に文献検討を行なった。指定と関係機関の連携に関しては、文部科学省のエイズ教育(性教育)推進地域の指定による実践で、学校と他機関や家庭などとの連携が積極的に図られていた。しかし指定期間後の状況は明らかでなく、今後、把握が必要である。対象や教育内容と連携では、対象の年齢が上がるにつれ、また医学的知識を含む内容ほど、連携した実践の割合が高かった。現在、性教育の体系化はされておらず、学校のみに眠らないマルチレベルでの展開や生涯学習なども視野に含め、性教育の体系化が求められる。

収録刊行物

  • 中部大学生命健康科学研究所紀要

    中部大学生命健康科学研究所紀要 1, 43-49, 2005-03

    中部大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004622811
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12059946
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18803040
  • NDL 記事登録ID
    8738973
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学) // ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z74-E654
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ