ミツバチの磁気による連合学習について  [in Japanese] Associative learning with magnetic fields in honeybees  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

西洋ミツバチの磁気受容能力の性質を調べるため, 様々な条件で磁気異常(磁石による磁気の付加)と餌(庶糖液)の連合を訓練し, 二者択一試行で連合学習が成立するか調べた。その結果, ミツバチの採餌活動をする時期の働きバチは, 磁気を受容し, その情報をもとに, 餌場の記憶ができることが示された。そして, その磁気感覚は単に磁気異常を感知するだけでなく, 磁力線の方向(磁極)を識別することができ, 磁気コンパスを定位に利用する可能性も示唆された。餌場の記憶には, 視覚(位置)情報が, 一次的ではあるが, 磁気の情報も大事な働きをし, 両者がともに働けばより強力な手がかりとなることが示され, 鳥などでの視覚的な天体手かかり(太陽, 月, 星)を利用したコンパスを磁気コンパスが補佐するという見解が, ミツバチでも当てはまることが分かった。さらに, 磁気情報は定位をしているときなど必要な時にだけ利用をし, 強い磁界は必要ないなら避けることも示された。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Education,Chiba University. (0xF9C3), Natural sciences

    Bulletin of the Faculty of Education,Chiba University. (0xF9C3), Natural sciences 49, 19-33, 2001-02

    Chiba University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004624680
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10494753
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13427423
  • NDL Article ID
    5789272
  • NDL Source Classification
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z14-B467
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top