アトピー性皮膚炎患者の低n-6系列多価不飽和脂肪酸食の効果(自然科学編) The effects of a low n-6 polyunsaturated fatty acid diet on patients with atopic dermatitis(Natural Sciences)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アトピー性皮膚炎患者13名に対して低n-6PUFA食を約4ヶ月間施行した。その結果、食事療法後、摂取脂肪が有意(p<0.05)に減少し、その結果、脂肪酸も有意(p<0.05)に減少した。脂肪酸のうち、一価不飽和脂肪酸(MUFA)は有意(p<0.05)に減少し、多価不飽和脂肪酸(PUFA)は減少傾向を示した。食事中のPUFA,飽和脂肪酸(SFA)の摂取量およびn-6/n-3比は、有意ではないものの食事療法後低下した。食事療法を実施した患者に対して食事療法前後での血中脂肪酸値を比較すると、イコサペンタエン酸(20:5 n-3 EPA)、ドコサヘキサエン酸(22:6 n-3 DHA)は有意に上昇し、リノール酸(18:2 n-6 LA)は有意に低下した。その結果、血中n-6/n-3比およびAA/EPA比は治療後有意(p<0.001)に低下した。皮膚症状は個々の患者によって程度の差はあるものの改善効果が示された。以上の結果から、低n-6系列多価不飽和脂肪酸食による食事療法は皮膚症状や血液生化学的データを改善するものとして、今後、アトピー性皮膚炎患者の食事療法として有用であることが示唆された。

Thirteen patients with atopic dermatitis (AD) followed a low n-6polyunsaturated fatty acids (PUFA) diet over a period of approximately 4 months. As a result, the intake of n-6 PUFA significantly (p<0.05) decreased. While there was a tendency for the intake of PUFA, saturated fatty acids (SFA), and the ratio n-6/n-3 to decrease, these decreases were not statistically significant. Hemoconcentrations of eicosapentaenoic acid (20:5 n-3 EPA) and docosahexaenoic acid (22:6 n-3 DHA) increased (p<0.01). Hemoconcentrations of linoleic acid (18:2 n-6 LA) reduced significantly (p<0.01). The n-6/n-3 and AA/EPA ratios for blood decreased significantly (p<0.001), and skin manifestations of atopic dermatitis resolved significantly in more than 80% of the affected area. The low n-6PUFA-intake diet therapy conducted in this study, which resulted in the amelioration of dermatological manifestations and improvement of blood-biochemical data, may be useful as a treatment for patients with chronic dermatosis.

収録刊行物

  • 九州女子大学紀要. 自然科学編

    九州女子大学紀要. 自然科学編 37(2), 15-23, 2000-09

    九州女子大学・九州女子短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004624905
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10143613
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0916216X
  • NDL 記事登録ID
    5697809
  • NDL 雑誌分類
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z14-1474
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ